SSブログ

おいしくてにこにこ [マカオのパンダたち]

今日はマカオパンダからShu Rong(心心)を紹介します。
漢字で書くと蜀蓉です。

2007年7月5日生まれ、母親が蜀慶、父親が屏屏です。
弟のShu Xiangと全く同じ組み合わせです。

到着した時は既にお昼寝に入っていて、13:00の午前の展示が終了する間際にやっと起きました。

その時の様子です。

s-IMG_1243.jpg
えーと

s-IMG_1245.jpg
これにしようかな?

s-IMG_1246.jpg
いただきます!

s-IMG_1247.jpg
はむはむ

s-IMG_1249.jpg
ぺろんぺろん

s-IMG_1250.jpg
んー、おいしい!!

s-IMG_1252.jpg
まぐまぐまぐ・・・

s-IMG_1253.jpg
しあわせー

ほんわか、にこにこ顔の癒し系のパンダさんのようです。

s-IMG_1258.jpg
そろそろ時間かな…

お昼休みがわかるのか、うろうろモードになりました。

顔がまんまる、手足が短い、女の子らしい可愛らしいパンダさんでした。

短いですが、この時の動画があります。
ご覧になる方は「動画はこちら」よりご覧ください。


(余談 その2)
昨日、行きの飛行機の話を書きましたが、帰りもすんなりとはいかなかったのです…。

香港を飛び立つまではよくある流れでした。
バスゲートだったため、お客さんがそろうまでバスが出ず、出発が少しだけ遅れました。

香港を飛び立ち、しばらくして食事のサービスが始まったところで、乱気流に巻き込まれました…。
おそらくフィリピン付近の台風の影響です。
最初は全員座るよう指示されたのですが、一度ベルトサインが消え、また食事のサービスが再開されたのですが、その中二度目の乱気流…。それでも食事は配られ続けます。
まだまだ東京まで時間があったので、落ち着いてから配ればいいのに…と思いつつ。

ちょうど私が食事を受け取ったところでひどい揺れになり、しばらく食べることができず、飲み物のサービスも危険なので諦めました。

沖縄くらいでやっと落ち着き、まあまあの心地のフライトが続き、予定より早く羽田上空に来ました。

だんだん高度を下げてきて、やっと着陸だと思ったとたん、いきなり機体が急上昇しました!

アナウンスも何もないめ、何が起きたのかわかりません。
正直、死を覚悟しました…。
当時の東京は風などなくいい天気、以前の白浜みたいに風のせいとは思えません。
おそらく着陸するための何かが足りなかったのだと思います。
今思えば、着陸するにはスピードがあまり落ちていなかったかもしれません。

その後、何も説明がないまま千葉方面まで大きく旋回し、予定より15分くらい遅れ、着陸しました。
何も状況がわからないため、無事着陸するまで本当に恐怖でしかなかったです。
飛行機事故は離発着時が一番多いと聞きますので。

今回は今までで一番怖かった空旅でした。

動画はこちら


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。